スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロでマスターランクになるために~メンタル編

どうも。お久しぶりです。今回は自分の身の回りや配信やTwitter等で「なかなかレートが上がらないよぉ;;」って
嘆いてるプレイヤーの皆さんのために少しでも参考になればと思い、僕がどうやってレートを上げたかを書いていこうと思います。
ScreenShot_16-09-11_02-52-13-000.jpg
一応Season2は開始直後に3635までいったんですけどそこから勝てない流れに入ってしまって
精神的にもプレイ内容的にも安定せず、3000前後をうろうろしてました。
落ちる過程で気付いたことがあります。当たり前ですが"イライラすると勝てません"
なので今回主に書いていきたいのは技術や知識、立ち回りやAIMではなく
【何を心がけてOverwatchのライバルマッチをプレイするか】です。

僕は普段サポートをメインにプレイしています。3000から3500まで戻ってくることが出来ましたが
使用したヒーローはほぼ全てがサポートロールのヒーローだったと思います(たまにラインハルトをやりました)
ScreenShot_16-10-01_14-06-14-000.jpg

サポートやタンクの人が連敗中に特に陥りやすい考えだと思うのですが
「このヒーローじゃキャリーできない」「DPS差」「何しても勝てない」
みたいな考えに辿り着いたことが何回かあると思います。
僕も連敗中はその考えからアタッカーやDPSヒーローをPickしました。
勝てる試合や「キャリーした!」って試合もあるにはありましたが結果は
8a777d579559f0c7251177d2d61985d4.png
こんな感じですw 負けが重なってレートを捨てただけでした。
僕がサポートに比べると他のロールが下手なのもあると思いますが、それ以前にやっぱり一番触ってるロールやヒーローの方が自信の持ったプレイも出来るし試合の動かし方や勝ち方も理解してるのでまぁ当たり前ですよね。

勝つために自分がベストを尽くせるヒーローを選ぶようにしましょう。



野良だと6人全員がやりたいヒーローをPickできるわけではないのはもちろん分かってます。
その時に試合の途中でよくみかける意見として
「サポートじゃキャリーできないから(味方のアタッカーがキャリーしていないから)アタッカーをやる」ってのがあるんですけど
これに対して一つだけ言いたいのが"本当にサポートで出来ることを100%やりきったのか?"って事です。
このゲームのアタッカーは自分一人ではほとんど何も出来ないヒーローがほとんどです。
なので味方が火力を出し切れるような状況をタンクやサポートが作ってあげることが何よりも大事です。
その舞台を整えずにサポートが他のロールに変更してヒーラーが1人になってしまっては勝てる試合も勝てなくなってしまいますよね。Ultゲージの概念等もあるのでどうしても使いたいヒーローがある時はラウンドの開始前にそれを伝え、受け入れて貰えなかったときは切り替えて試合に臨むようにしましょう。

話が少しそれますが、だからこそ僕はサポートはソロでランクを上げやすいと思ってます。
理由は相手がサポートがメインのプレイヤーじゃないことがほとんどだからです。
基本的にソロで回してるプレイヤーはDPSやザリア、ロードホッグ等のタンクヒーローを選ぶ傾向が強いと思ってます。
なのでルシオやゼニヤッタ、アナやマーシーを使ってるプレイヤーが本職ではない可能性が結構高いんですね。
そういった場合に自分が相手より上手くサポートをプレイできればその時点で相手のサポートに差をつけることができます。
サポートに差があるとチーム全体の継戦能力がかなり変わってきます。
野良のライバルマッチで敵を先に落としてるのに集団戦が長引いてそのまま逆転負けした経験ってありますよね?
あれはヒール力の差(相手のサポートが先に落ちている)やフォーカスの乱れ(瀕死を殺しきれずに回復されてしまう)
から起こるものです。ああいったグダグダした状況を生み出せれば僕はどんな相手にもワンチャンス作れると思うし
実際に平均レート差が150近い試合を拾うこともできました。なのでサポートを練習するのも僕は悪くない勝ちへの手段だと思ってます。



基本的に、6人が雰囲気良くプレイすることが勝ちへの何よりの近道だと僕は思ってます。
例を出すなら、味方がPickしたヒーローよりも他のヒーローの方が刺さると判断した場合
「○○やめろ」や「○○変えろ」ではなく
「○○よりも××の方が強いと思うので変えれますか?」みたいな言い方の方が丸いです。
これはもちろんやる側が100%悪いんですが、こういった言い方1つでTroll行為に走るようなプレイヤーも決して少なくないです
僕の体験上レートが低くなるにつれてそういった行為は増えていくように感じました。
気に食わないかもしれないですが、勝つために必要なことだと割り切りましょう。
本人からしてもそのPickがベストだと思ってPickしてることがあるので意外と真摯に伝えれば変更してくれることもあります。
負けるためだけにプレイしてるプレイヤーなんてそうそういませんからね!

上と同じ理由でチームメンバーへの暴言や敵対行為もやめましょう。
吐いて状況が良くなる暴言はこの世界には存在しません。勝ちたいなら尚更です。
「雑魚」これを伝えたところでその試合に勝てるようにはならないです。もしかしたら次味方に来たときにTrollされるかもしれません
次相手に来て負けたら相手からも暴言を吐かれるかもしれません。そうなったらもう冷静にプレイは出来ないですよね。
一時の快楽?気休め?のためにそれを味方にブチ撒けていい理由なんてどこにもないのでやめましょう。


どうしても吐きたいような精神状態になったらいったんPCから離れて休憩しましょう。
レートはどうしても今日上げなくちゃいけないものではないです。
リラックスしてゲームに集中して取り組めるときに回しましょう。
負け続けて平常心でプレイできないときはまた落ち着いてプレイできるときにやればいいんです。
僕の体験上そういった精神状態で勝ち越したことはほとんどないです。
勝ち試合自体も僕の力ではなくたまたま味方がキャリーしてくれたとか、そんな感じでしたw
それでも回したい場合は○連敗したら終わる とか ○時間で終わる とか止め時を自分で作ってもいいかもしれないですね

少し長くなってしまいましたが
冷静にプレイするために
1.自分が全力を出せるヒーローを選ぶ(取れない時ももちろんあるのでピックの幅を増やす)
2.味方の悪いところや粗を探さずに先ずは自分の仕事をこなす
3.味方の良かった点を褒める
4.どうしてもイライラしてしまうときは休憩したり他のことをする
 
こんな感じですかね?これを心掛けてからは一日のランクが負け越しで終わったことはまだないです。
皆さんのライバルマッチが楽しいものであるように願ってます:) GLHF!

AVARST2016season1 Recycle爆破メンバー紹介

どうも。お久しぶりです!今週末にオフラインが差し迫ってきたので逸る気持ちを抑える意味も込めて、メンバー紹介のお時間です。
 
1. PM/Attacker Avi4N
20120121213933e1e.jpg
可愛い。Recycleのマスコットにして俺が今まで見た中で最強クラスのエントリーフラガー。突入時の1on1の勝率は7割を超える(体感)
声と顔の可愛さからは予想できない強AIMer。信頼できる。余談になるが、殺されたときによく「あらぁ」と言うのだが、多分これは「アッラー」を意味している。唯一神への祈りを欠かさず捧げる敬虔なイスラム教徒だ。鉄バットで殴り続けると死ぬ。

2. RM/Ace Yuzu_

sanzi-e1413399123568.jpg

とっさの撃ち合いの判断に優れた強AIMer。1対多数の撃ち合いにもともと長けていたが、クロスやチームプレーの概念をクラン単位で叩き込んだ結果化けた。自他(?)共に認めるフラグゲッター。判断が速い理由だが、恐らく頭蓋骨の内部に脳が詰まっていない。
頭と言っても別の頭、そう・・・Yuzuの脳は亀頭の中にあるのだ。その下半身直結思考回路が常軌を逸した判断速度を生み出すのだ。ガソリンをぶっかけてマッチを投げ込み、数秒待つと死ぬ。

3. SR/Snipe!! Sh4kE.0s
BvwwwJdCQAALcAj1.png

Recycleではスナイパーが定期的に変わる。新しいスナイパーを勧誘、募集することを「スナイパーガチャ」を回すと言っているのだが、レア度はSSR。いや、SRくらい?スナイパーだけにね。
新しいことにも意欲的に取り組めるモチベの塊。ちょっと頭が固いところもあるけどその高いモチベは周囲のやる気を押し上げ、引っ張るのには十分の熱意を秘めている。1日50回シコると死ぬ。

4. RM/Order oK_sE1ryu_
776.jpg

うちのオーダー。やりたくなさそうだったけど他に具体的な代替案が無かったので流れで指揮を執ることになった。
地頭が良いので理に適った指示を出せ、メンバーからの信頼も厚い。三度の飯より酒が好き。緊張に弱いので大会前によく酒をかっ込んでいる。北海道住みの彼はアルコールが血液なのだ。ロシア然り、北国は血の代わりに酒が流れている(らしい)
1on1や設置後の判断、少数戦の立ち回りも安定していてうちの爆破のスタイルを進める上で無くてはならない存在だ。
素っ裸で冬空の下に一ヶ月放置すると死ぬ。


以上のメンバー+俺!頑張るんで応援してね!!!!

Overwatch キャラ別リーパー1on1勝ち方講座

リーパーを14時間くらい触ったので、リーパーで1on1するときに気をつけることをまとめました。

対D.Va 割と余裕。マトリックス中は弾が通らないのでその間に弾を撃ち切らないようにしよう!

対ウィドウメーカー 近付ければ余裕。平坦なマップだとむりやり無敵で間合いを詰めてもいい。直線的な動きは避けよう。相手がスコープを覗いてるなら、死角からシャドウステップで真後ろや真横にワープするのも意外と強い。

対ウィンストン タンク全般に言えるけどリーパーに分がある戦いになる。バリアを張られたら内側に入り込んで殺そう。

対ゲンジ 多分五分。相手が木の葉返しを使ったのを見たらその隙にリロード。間違っても撃たないように!張り付かれたら無敵で距離を置いてもいいけど、殴りあった方が多分勝てる。AIM勝負。

対ザリア タンクの中では一番キツイマッチアップかも?シールドを貼ってるときに無駄弾を撃たないようにしないと、リロードを挟むことになるのでDPSでたまーに負ける。

対シンメトラ 突っ込んでいって無敵でタレットの位置を確認。切れると同時にタレットを破壊すれば後は余裕。タレットの中で戦わないように。そもそも1on1になりにくいけどね。

対ジャンクラット 近付いてもラッキーグレネード即死があるのでちょっと怖い。トラップには気をつけよう。踏んじゃった場合はすぐに無敵を使えば一応トラップの効果が切れるまでは生き延びることが出来る。

対ゼニヤッタ 不和のオーブ?をつけられたら無敵を使えば無効化できるぞ。そのまま近付いて殴り殺そう。デバフがかかってる時に殴りあうと厳しい。

対ソルジャー ショットガンの間合いに持ち込めばほぼ負けない。中距離が強いヒーローなので正面から距離を縮めようとしないこと。

対トレーサー 向こうから近づいてくるので余裕。ブリンクは3回までしかできないので落ち着いて狙おう。時間を巻き戻すときに何かしらセリフを喋るのでそれを聞いてから戻った位置を予測して殺そう。

対トールビョーン タレットと1on2すると厳しい。タレットのlvを見て判断。lv2だとほぼ勝てない。タレットがまだlv1ならもろとも殺せる。よくわかんないけどトールビョーンはタンク並みの当たり判定を持ってる?っぽくてすぐ溶ける。

対ハンゾー 相手が上手いと厳しい。狭いところだと反射 広いところだと通常射撃でゴリゴリ削られる。裏を取ろうにも擬似ウォールハック技があるので厳しい。上手く裏から殴らないと負け。

対バスティオン ガトリングモードになってるとほぼ無理。集団戦でゴチャゴチャしてるときに裏とって殺すくらい。歩いてるときは余裕で勝てる。

対ファラ ファラが空中に飛んだら無敵を使おう。無敵切れてちょっと後くらいのタイミングでブーストが無くなって落ちてくるからそこを殺そう。高低差があって入り組んだマップだと上をとられ続けて厳しい。相手の土俵で戦わないようにしよう。

対マクリー 厳しい。フラッシュバンが強すぎる。上手くフラッシュ避けて近付いても右クリック ローリングリロード 右クリックで瞬溶けすることも。柔らかいので相手に火力を出し切らせたあとに上手く殴り合おう。無敵の使うタイミングで全てが決まる。

対マーシー 雑魚。味方のところに飛んでいくのでそれだけ気をつけて逃げる前に殺そう。

対メイ 無理。全てのヒーローで一番厳しい。リーパーへのハードカウンター。ショットガンの間合いだと凍らされて、中距離だとこちら側に攻撃手段がない。上手く接近しても無敵と回復を持ってるので時間を稼がれて負ける。2on1で味方と囲まないとまず勝てない。

対ラインハルト ハンマーとタックルだけ警戒すれば後は余裕。盾の内側に入って殺そう。単独で動いてることがそんなにないけど。そもそも。

対リーパー プレイヤースキル次第。先に無敵を使った方が負ける。どうしても先に使わされる場合は戦闘継続じゃなくて逃げに使おう。

対ルシオ 崖近くじゃなければ何とかなる。右クリックがノックバックなので多少メンドクサイ。持続回復なので一気に押し切ろう。

対ロードホッグ フックを食らうまでに相手のHPを6割くらいまで削っておけば自分がノーダメージなら引っ張られてからショットガン連射で勝てるはず。それまでにHPが200を切ってたらフック貰った瞬間に無敵を押しっぱなしにしてそのまま逃げよう。運が良いと死なずにすむ。フックを避けたなら殴り合いで余裕で勝てる。

RSTが近づいて

blogだとお久しぶりです。そろそろRSTseason1の時期ですね。もうすぐ締め切りなので右往左往してるクランマスターさんとかクランメンバーも多いと思います。僕も毎回上を下への大騒ぎをしながら大会当日を迎えたりするんですが、今回は例外的に落ち着いて大会当日を迎えれそうです。メンバーも決まって、今大会の目標も決まった以上は慌ててもどれだけ頑張ってもなるようにしかならないので、今自分達ができる中でできる限りのベストな結果を残せるような意識を持ち続けてどれだけ活動に臨めるかだと思ってます。
 
とかなんとか言っちゃって。最近は負けが続く時期に入ってる気もしますが、目の前の結果に一喜一憂せずに最後には笑って今回の大会を終えれる努力はしたいですね!
 
地球に優しいーーーーりさいくるーーーーーーーーー

死に役

ポイントマンやってる人、やってみたい人、興味ある人の参考になればいいなって
(あくまでも俺の思うポイントマンなんでたっきーになりたい人はたっきーのブログ見たほうがいいしよっぴーになりたい人はキャラバン気合で受かって懇親会でよっぴーさんに聞けばいいと思う。俺になりたい人は・・いないだろうけど多分目指さない方がいい。チームプレー度外視してるし。後長いから以下PMって書きます)
 
俺の理想PMはまず人数差を作れるPM。
開幕油断してたり敵の配置読んで勝てそうなとこ殺す感じ。
んで後はエリアを広げてそこをRMに詰め待ちしてもらう。
あとは自分のヘルスに応じて裏取りor釣り こっちの人数が足りないなら正面に加わって数押しって感じ。
つまり理想通りに物事が進んだ場合俺の理論では死に役は必要ないと思う。
ぶっちゃけ上手いクランはみんなそんなもんだと思ってる。
死に役ってのは開幕1killとったけど食い返された、詰め待ちで一人食ったけど殺された
釣り役やってて死んだ、裏取りで待ちにやられた場合の言い訳で使ってる人がほとんどだと思うんですよね。
開幕ダッシュ即撃ち合いってのはセットプレイでもない限りほとんどがオナニースタンドプレイなワケで
シコるなら他人に迷惑をかけるなってのは常識じゃない?死ぬなら2.5人は殺す必要があると思うんだよね他の負担的に
特に守りでの1:1交換なんて不利になってるようなもんだから殺しても何のメリットもないと思う。
ラウンドに繋がるキルが必要。そう考えるなら自称死に役は果たして本当にロールを全うしてるのかって話。
開幕殺す→とったエリアをライフルに任せる
開幕殺すが瀕死になる→死なないようにキープ
ってのが理想だし釣りも死ぬ前に下がるなり死なないように人数把握するべき。
まぁ1on4で自分瀕死それ以外フルヘルスで敵が不明とかなら抜けからワンチャン消すのに索敵で死ぬのはアリかなぁって感じ。
あとはヘルスあるときに設置ポイント突入で開幕突っ込んでくのが本当の死に役かな!俺は嫌だから決め撃ちで殺す練習しまくるけど!死にたくない!
PMはRMに比べて武器が弱いからポジションが限られるけど、生きてるに越したことはないし無理に死に急ぐ必要もなくない?
って話でした。参考までに。
プロフィール

Lasty

Author:Lasty
ぶろぐっす AVAはじめました勢

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ついったー
割とどーでもいいことは
かうんたー
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。