スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボイスチャットを使う

お久しぶりです。最近日本鯖でもゲーム内ボイスチャット(以下VC)の機能を使う人が増えてきたので嬉しい限りです。どうもLastyです。
今回はせっかくなのでVCを使う上で心がけていることでも書きます。
そんなかしこまった内容でも無いので敷居の高い物だと受け取らずにドンドンゲーム内VCに参加してください:)
ここで出来た交流が交友に広がることも少なくないと思いますし、何より綺麗に連携が取れた上で味わう勝利は格別の物です。

話すと言うことは思っているよりもリソースを削ります。
チーム活動中などでも、本当にAIMに集中してる時は声を出せなくなるプレイヤーも多いのではないでしょうか。
逆に言えば慣れてないうちは話すことによって集中が削がれると言うことですね。
まずは少しずつVCを使う環境に慣れていきましょう。一足飛ばしで行うと失敗に繋がることもあります。

ラウンドやキャプチャーの切れ目での「ナイス!」や「ありがとう!」も大事ですが、それだけになってしまわないように意識しましょう。
たとえばナイス!の後に「次はここのエリアを押さえたい」「このウルトを味方が持っているので組み合わせよう」
なんかを繋げるだけでかなり"それっぽく"なります。

他には敵の位置や自分が今のスキル、ウルト、立ち位置で出来ることを簡潔に伝えるのも大きな力になります。
OWとよく比較されるMoBA系統のゲームで大きく違うところは
OWはFPSなので個々で取れている視界が違う。と言うところを意識すると
戦闘に置いて情報が持つ力のヤバさみたいなのが想像しやすい?と思います。
逆にFPS系のゲームとOWで大きく違うところはスキルやキャラクターの性能差があると言った点でしょうか?
なのでこちらの観点から見ても自分の持ってるスキルや自分のヒーローが今出来ることを伝えるのはやっぱり大事ですね。

死んだときに謝る人が結構いますが、別に謝らなくていいと思ってます。
謝ってる側が謝ることによって罪の意識を消したい...みたいなのがあったりなかったりするのかもしれませんが、
リソースと言うものは喋るときだけではなく聞くときにも削られます。
「ごめんなさい」だけで削るくらいなら「ごめん!敵は○○に行ったよ!」や
「まじか!もうすぐ相手のウルト上がりそう!」に繋げた方が建設的です。

まぁ、開き直るのはまた別ですけど、後悔の念は試合終了後にチャットで伝えたりした方が多分試合中は良い結果を生みます。
と、思います。ます。

まとめると
1.情報を話す
2.キチンと情報を聞いてあげる
3.VCを盛り上げる
4.前向きな発言だけをVCに入れる
この4つくらいを意識しとけばいいと思います。

わざわざ貴重なリソースを暴言で潰すのは持っての他ですね。勝ちたいから出てる暴言~~みたいな言い訳をよく聞きますが
勝ちたいなら暴言はそもそも吐くべきではないし、自身のメンタルを管理出来ずに試合に臨んでも何も良い結果は生まないです。


長く?なりましたが以上です。硬い感じの内容になってしまいましたが気楽に「みんな喋ってるしワイワイ頑張ろう」
くらいの心構えでいいと思います。楽しい日本鯖VCライフを:)
スポンサーサイト
プロフィール

Lasty

Author:Lasty
ぶろぐっす AVAはじめました勢

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ついったー
割とどーでもいいことは
かうんたー
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。