スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロでマスターランクになるために~メンタル編

どうも。お久しぶりです。今回は自分の身の回りや配信やTwitter等で「なかなかレートが上がらないよぉ;;」って
嘆いてるプレイヤーの皆さんのために少しでも参考になればと思い、僕がどうやってレートを上げたかを書いていこうと思います。
ScreenShot_16-09-11_02-52-13-000.jpg
一応Season2は開始直後に3635までいったんですけどそこから勝てない流れに入ってしまって
精神的にもプレイ内容的にも安定せず、3000前後をうろうろしてました。
落ちる過程で気付いたことがあります。当たり前ですが"イライラすると勝てません"
なので今回主に書いていきたいのは技術や知識、立ち回りやAIMではなく
【何を心がけてOverwatchのライバルマッチをプレイするか】です。

僕は普段サポートをメインにプレイしています。3000から3500まで戻ってくることが出来ましたが
使用したヒーローはほぼ全てがサポートロールのヒーローだったと思います(たまにラインハルトをやりました)
ScreenShot_16-10-01_14-06-14-000.jpg

サポートやタンクの人が連敗中に特に陥りやすい考えだと思うのですが
「このヒーローじゃキャリーできない」「DPS差」「何しても勝てない」
みたいな考えに辿り着いたことが何回かあると思います。
僕も連敗中はその考えからアタッカーやDPSヒーローをPickしました。
勝てる試合や「キャリーした!」って試合もあるにはありましたが結果は
8a777d579559f0c7251177d2d61985d4.png
こんな感じですw 負けが重なってレートを捨てただけでした。
僕がサポートに比べると他のロールが下手なのもあると思いますが、それ以前にやっぱり一番触ってるロールやヒーローの方が自信の持ったプレイも出来るし試合の動かし方や勝ち方も理解してるのでまぁ当たり前ですよね。

勝つために自分がベストを尽くせるヒーローを選ぶようにしましょう。



野良だと6人全員がやりたいヒーローをPickできるわけではないのはもちろん分かってます。
その時に試合の途中でよくみかける意見として
「サポートじゃキャリーできないから(味方のアタッカーがキャリーしていないから)アタッカーをやる」ってのがあるんですけど
これに対して一つだけ言いたいのが"本当にサポートで出来ることを100%やりきったのか?"って事です。
このゲームのアタッカーは自分一人ではほとんど何も出来ないヒーローがほとんどです。
なので味方が火力を出し切れるような状況をタンクやサポートが作ってあげることが何よりも大事です。
その舞台を整えずにサポートが他のロールに変更してヒーラーが1人になってしまっては勝てる試合も勝てなくなってしまいますよね。Ultゲージの概念等もあるのでどうしても使いたいヒーローがある時はラウンドの開始前にそれを伝え、受け入れて貰えなかったときは切り替えて試合に臨むようにしましょう。

話が少しそれますが、だからこそ僕はサポートはソロでランクを上げやすいと思ってます。
理由は相手がサポートがメインのプレイヤーじゃないことがほとんどだからです。
基本的にソロで回してるプレイヤーはDPSやザリア、ロードホッグ等のタンクヒーローを選ぶ傾向が強いと思ってます。
なのでルシオやゼニヤッタ、アナやマーシーを使ってるプレイヤーが本職ではない可能性が結構高いんですね。
そういった場合に自分が相手より上手くサポートをプレイできればその時点で相手のサポートに差をつけることができます。
サポートに差があるとチーム全体の継戦能力がかなり変わってきます。
野良のライバルマッチで敵を先に落としてるのに集団戦が長引いてそのまま逆転負けした経験ってありますよね?
あれはヒール力の差(相手のサポートが先に落ちている)やフォーカスの乱れ(瀕死を殺しきれずに回復されてしまう)
から起こるものです。ああいったグダグダした状況を生み出せれば僕はどんな相手にもワンチャンス作れると思うし
実際に平均レート差が150近い試合を拾うこともできました。なのでサポートを練習するのも僕は悪くない勝ちへの手段だと思ってます。



基本的に、6人が雰囲気良くプレイすることが勝ちへの何よりの近道だと僕は思ってます。
例を出すなら、味方がPickしたヒーローよりも他のヒーローの方が刺さると判断した場合
「○○やめろ」や「○○変えろ」ではなく
「○○よりも××の方が強いと思うので変えれますか?」みたいな言い方の方が丸いです。
これはもちろんやる側が100%悪いんですが、こういった言い方1つでTroll行為に走るようなプレイヤーも決して少なくないです
僕の体験上レートが低くなるにつれてそういった行為は増えていくように感じました。
気に食わないかもしれないですが、勝つために必要なことだと割り切りましょう。
本人からしてもそのPickがベストだと思ってPickしてることがあるので意外と真摯に伝えれば変更してくれることもあります。
負けるためだけにプレイしてるプレイヤーなんてそうそういませんからね!

上と同じ理由でチームメンバーへの暴言や敵対行為もやめましょう。
吐いて状況が良くなる暴言はこの世界には存在しません。勝ちたいなら尚更です。
「雑魚」これを伝えたところでその試合に勝てるようにはならないです。もしかしたら次味方に来たときにTrollされるかもしれません
次相手に来て負けたら相手からも暴言を吐かれるかもしれません。そうなったらもう冷静にプレイは出来ないですよね。
一時の快楽?気休め?のためにそれを味方にブチ撒けていい理由なんてどこにもないのでやめましょう。


どうしても吐きたいような精神状態になったらいったんPCから離れて休憩しましょう。
レートはどうしても今日上げなくちゃいけないものではないです。
リラックスしてゲームに集中して取り組めるときに回しましょう。
負け続けて平常心でプレイできないときはまた落ち着いてプレイできるときにやればいいんです。
僕の体験上そういった精神状態で勝ち越したことはほとんどないです。
勝ち試合自体も僕の力ではなくたまたま味方がキャリーしてくれたとか、そんな感じでしたw
それでも回したい場合は○連敗したら終わる とか ○時間で終わる とか止め時を自分で作ってもいいかもしれないですね

少し長くなってしまいましたが
冷静にプレイするために
1.自分が全力を出せるヒーローを選ぶ(取れない時ももちろんあるのでピックの幅を増やす)
2.味方の悪いところや粗を探さずに先ずは自分の仕事をこなす
3.味方の良かった点を褒める
4.どうしてもイライラしてしまうときは休憩したり他のことをする
 
こんな感じですかね?これを心掛けてからは一日のランクが負け越しで終わったことはまだないです。
皆さんのライバルマッチが楽しいものであるように願ってます:) GLHF!
スポンサーサイト
プロフィール

Lasty

Author:Lasty
ぶろぐっす AVAはじめました勢

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ついったー
割とどーでもいいことは
かうんたー
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。