スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能とは

才能とは、人口である

なぜEU圏にはCSGOのスター選手が多いのか。
ふと疑問に感じたので自分なりに考えてみた。あくまでも"俺の意見"である。
もちろん、NAやその他の地域にだって優れた選手やチームは数多くある。
だが、ライト層にも認知されているようなプレイヤーやチームはほとんどがEUに偏っているのが現状だと思う。
なぜか?
俺なりの答えになるが、FPSをプレイしている人口に鍵があるのではないだろうか。
10人の中に1人天才がいる確率より、100人の、1000人の中から1人の天才を見つけることの方が容易いはずである。
もちろん、分母が増えるにつれ、そこに埋没してしまう可能性も高まるが。。
ではどうやってプレイ人口を増やすか?
世界を目指すにも、仲間内で楽しむにも、FPSを一定以上の環境でプレイし続けようとすると
お金や時間がかかる。つまりそれに伴う報酬をタイトル側が用意する必要がある。
早い話が、金(またはそれに準ずるもの)を出せばいいのだ。
やりこんで結果を出せば金が貰えるならやるやつは増える。
ご恩と奉公だ。報酬が名誉のみではどれほど優れた器の将にもついてくる兵は限られる。
つまるところ、EUではいち早くFPSが競技として、プレイヤーが職として認められたのではないだろうか?
その辺の歴史には詳しくないが、結果を見るとそんな気がする。
それとは別にNAや中韓では、E-sportsは競技であり、職業であるが
FPSよりもLoLやDota2のようなTPSが評価され、多額の報酬を手にでき、故に人口が・・ひいてはスター選手が増えたように思う。
 

 
日本でも昨今、E-sportsが社会的に認知され始めている。
日本のプレイヤーが世界のスター選手と肩を並べてプレイすることを見ることができる日も、そう遠くないかもしれない。
 
ていうかマジで、見たいんでお願いします。応援してます。
スポンサーサイト

コミュニティの活性化に到るプロセス

AVAが多分日本で現状一番活発なFPSだと思うんだけど、その理由とかを適当に考えていく。
 
グラフィック 武器が永久性 豊富なカラーバリエーション 人口。
新規が入ってくる条件としてはこんなとこ?あとは運営の対応とか、チーターへの対応とかが"他の無料FPSと比べて"優秀だと思う。
 
次に上位層が他のゲームに移行しない理由。これは個人の価値観もあるから一概には言えないけど、
かなりのウェイトを占める要素として「ずっと頂点が変わらない」ってのはデカいと思う。
倒したい目標があるから技術を磨くし、その技術を失うのが怖いからプレイし続ける。
MMOと違って、FPSプレイヤーがアカウントを捨てたあとも復帰する理由の一つに「技術」があると思う。
アカウントを放棄して捨てた財産とは別の、自身に蓄積された財産。これを失うのが怖くて定期的に戻ってきてしまう。
かなり有力な仮説。っていうか俺も実際そんなもんだし。
 
 
話が逸れた気がする。まぁ名前出しちゃうと、デトネーターが一番上に居続けるから、それを倒したくてやり続けてる人はかなりいるはず。
倒したい理由は色々あると思うけど。
自分が一番上に行きたいから デトが一番上が気に食わないから 承認欲求を満たしたいから
まぁこれは別に価値観だしね。なんでもいいと思う。
 
ぐだぐだ書いたけど人が増える一番デカい理由は、人がいっぱいいるから。
矛盾っぽいけど対戦ゲームである以上は人口は正義。
どれだけ強くても相手がいないと面白くない。ペーパーマンで一時期痛感した。

なんで最後に「良いこと」書くけど、普段から対戦してくれるみんなに尊敬と感謝を持って接しましょう。
対戦ゲーだ。煽ってもいい!煽られてもいい!ただ試合が終わったらgood gameでいいじゃん!
ただ試合の外にまで持ってくのは、終わった後にグチグチ言うのは、だせーだろそれ!ってことでまた今度の記事で。

プロフェッショナルとは

F4EのBrain、Forza.Taki選手に「blog更新しないの?毎日見に行ってるんだけど?いつまで俺の二秒を奪い続ける気なの?」
と言われたので無い頭から話題を捻出する次第。

本題。PM専、RM専、SR専、兵科の違いこそあれど、その文言が他者に与える期待値の高さたるや常軌を逸したものがありますよね先輩。
ただそこで性格の悪い俺としては「こいつ、すっげーPM(RM、SR)上手いんだろうな」って。「ハードル上げちゃうね、君」って。

まぁそれは置いといて、何を持って専門とするか。それは個人に思うところはあるだろうけど、俺としては専門と謳う以上はやっぱり「壁の向こうにいる」必要があると思う。
ここで言う『壁』とは何か?
俺は常日頃から対人ゲームの在り方を考え、練り、そしてまた考え、そしてまた練り練り考えて、悠久に近い時間を過ごしてきたわけで(大嘘)
出した答えがここに一つ。『壁』とはすなわち、『ゲームを成立させる上で必要な要因』 
たまにいるんですよ「これを当てたらゲーム壊れちゃうじゃん!」ってのを当てるSR。
「これに反応したら読み合い成立しなくね?」って飛びを落とす格ゲーマー。
それは日常の積み重ねなのか、それともゾーンの中の出来事か、わかんねーけどヤってくる。
そういう『要因』をぶっ壊す、『壁の向こう』にいる、『見てるプレイヤーを沸かせる、ときめかせるプレイ』それこそが専門・・もといプロフェッショナルってやつなんじゃないかと。

上手くならなくても下手じゃなくなれば、初期位置から一歩でも前に進めば自分の立ち位置ってのはある程度見えてくるものだと俺は考える。
そういった要素が重なった結果かは知ったこっちゃねーけど、「PM専です!!!」「RM専です!!!」と言い切るプレイヤーは俺の周りには少ない気がする。「PMもできるよ」とか「RMもできるよ」って感じ。
本来はそっちの方が優れてると思う。扱える兵科が増えるってことはカードが増えるってこと。それは戦力に直結する。
スタンダードな戦術は、つえーからスタンダードなんだ。結構。それが対人ゲーの常。。。
でも、だからこそ、俺はデケー大会で『それしかない』やつが結果を残すのを見てみたい。
それがどう見る人の心を動かし、躍らせるのかはわからない。でもきっと、面白いことになると思う。
 
ネタ無さすぎてAVAめっちゃ関係ないこと書いちゃった。次の更新はAVAの豆知識とかにしたい。

応援

応援されるってことは、その物事に本気で取り組んでるのが外に伝わってるってことだと思ってる。
勝率100%のチームがあったとしても、不正を働いてたり、どこかしらで何かに対して嘘をついたり、自分を騙しながらやってるようなチームってのは一時的な応援を受けることはあっても、恒久的に称えられ、崇められるようなチームにはならないと思う。
もしそういったことが存在するならそれは最早洗脳だし、その競技に対しての冒涜だとすら思う。



最近配信中とか、TwitterとかでRST頑張ってくださいとか、Rapid7応援してますとか言われることがたまにある。
正直嬉しい。




これが言いたかっただけ イエーイw   頑張ります。

広告消し

フラッシュゲー好きなんすよ。何も考えずに無心でぽちぽちできるから。


だいぶ前のなんでまた更新したら載せ変えときます。


要は、書くネタがない。



こういうのってゲームとまったく関係ないけど一度やりだすとどうも辞め時が見つからないよね。
AVAのAIは何ていうか、BOTを倒す作業だけに専念できなくて飽きがくるというか、続かないというか,,,shoot.pnga>

img.png
プロフィール

Lasty

Author:Lasty
ぶろぐっす AVAはじめました勢

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ついったー
割とどーでもいいことは
かうんたー
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。